日本のうつ病患者数|ストレスチェックを行ないうつ病対策をしよう

日本のうつ病患者

医者

年々増加傾向にある

「うつ病」誰しもが一度は聞いたことのある病気ではないでしょうか。もしかしたら、聞いたことあるだけでなく、うつ病にかかった方も多くいるかもしれません。うつ病患者は日本でも増えてきています。うつ病の原因は様々ですが、一番の原因はストレスです。そのため、日ごろからストレスチェックテストなどをして自分の心状態をしっかり見極めていく必要があります。日本における、うつ病患者は、どれぐらいいるのでしょうか。厚生労働省が調査をした結果、うつ病など精神的病気で、病院へ診療を受けている方の患者数は111万人以上ということがわかりました。うつ病患者は、5年ほど前は100万人もいませんでしたが、どんどんとその数は増えてきています。そして、一番うつ病を発症しやすい年齢は40代であることが分かりました。次に60代、50代の順に増えていき、会社で重要となっているポジションの年齢層に多い傾向があります。うつ病患者を増やさないために、日本ではどのような取り組みが行なわれているのでしょうか。

会社の義務

日本の会社では、ストレスチェックテストを行なうことが義務化となりました。うつ病の原因として、会社のストレスが原因となっていることが多い傾向にあるためです。ストレスチェックテストは、50名以上の従業員を雇っている事業所では、行なうことが義務となっています。そのため年に1回、ストレスチェックテストを実施しなければいけません。このテストで具体的に行なうことは、ペーパーテストのようなもので、自分の状態を書かれている項目にチェックしていきます。それを元に、どのぐらいストレスがあるのか確認することができます。テストを行なうことで、多くのストレスを抱えている従業員との個人で面談や、会社全体でストレス対策の取り組みを考えていくことができるので、会社の職場環境を見直すきっかけになります。このテストの実施者は、不正を防ぐために会社の人事などが行なうことはできません。医師や保健師、看護師、精神保健福祉士がテストを実施することが多いようです。そのため、安心してストレスチェックテストを受けることができます。

看護師

うつ病診断の基準

うつ病で病院へ行った際には、どのような診断が行なわれるのでしょうか。ここでは、うつ病になりやすい傾向にある性格の方や、診断について紹介していきますのでチェックしてみてください。

悩む人

ストレスの種類

うつ病にはストレスが原因と言われていますが、ストレスにも種類があります。ここでは、精神的に受けるストレスだけでなく食品や環境で受けるストレスについて紹介していきます。当てはまる要因をチェックしていきましょう。

葉っぱ

克服までにかかる期間

うつ病になってしまった方はどれぐらいで回復の傾向に向かっていくのでしょうか。回復の期間は人によって違いますが、回復に向かうまでの過程や症状についてチェックしていきましょう。

相談

二つの違い

うつ病と抑うつと呼ばれるものがありますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。また、うつ病には種類があります。種類によって治療方法も違ってくるので、病院選びもしっかりチェックしていくようにしましょう。